『人生のステージを拡げる』パーティファッションセミナー

下着・ファッション・着物であなたの魅力を可視化する
イメージコンサルタントのWoods いずみです。

 

今回のパーティファッションセミナーのキャッチコピーを
『人生のステージを上げる』から人生のステージを拡げるに変えました。

始めに『上げる』としたのは、
装いに対するマインドと対応できる知識が増して、
これまで敬遠してしまってたような世界に踏み込んでいくことで出会う人が変わっていくことは、
ステージを上げていくことにつながっていくイメージが湧いたからなのです。

でもね、最近ね、『オンナはカワル』っていうテーマで取材を受けた時、

(私は元気に変わっていってる人らしいが無自覚、という事は置いといて…)

ステージの変化は「上がる」より先に

「広がる」んだなと思ったんですよ。

 

なんでそう思ったかっていうと

インタビュアーの方との話の中で
「変化する」って言葉に凄く抵抗を感じる人が多いのかもしれない、という流れから話題に浮上してきた言葉が『マイルドヤンキー』という言葉。
それは、
「自分の生まれ育った街で家庭を持って、友人づきあいも昔から同じ、ついでにお買い物も同じ地域」という人達のことだそう。

要は、彼らの活動範囲は狭い、ってことよね。

それは、「現状に満足している」という新しい意思の現れだろうし、
それはそれで幸せだとも思う。

そして、インタビュアーの彼はこうも言ったんです。
ブレーズ・パスカルのいう「人間は考える葦である」という観点からすると、
マイルドヤンキーには、人類の進化を感じないんです。
と。

「人間は本来考え進化していこうとする生物」なのであれば、
変化は必然なわけで、変化しないことは不自然であるとか言う事になる。

例えば地方にすんでいても欲しいものがあればオンラインで商品は買える。
でも、地方から東京に買い物に出ると、
同じものを買うにしても、出会うものや体感を伴ってその充実度が違うはず。
それによってリアルな世界がより色を持ち、匂いがあり、感覚と共に拡がりをみせるはず。


それって人生の彩りや質感が増え豊かになるってことですよね〜。

パーティに行くって、地方から東京に行くって感じに似てる。
出逢う人や質が増える・変わる。
それまでの人脈とは違う人達に触れていくことは、
未知の世界を体感と共に知っていくこと。
それは
自分の世界をより豊かにすることであり、
自分の活躍する場(ステージ)を拡げていくチャンスも広がるってこと。

その結果、ステージが上がるってことは当然あると思う。
けど、拡がることこそがファーストステップ。

そして、そのきっかけの時に、
装いとマインドが整ってて、心地良くその場を楽しめる自分であることは、
その世界との最高のファーストコンタクトを作ることでしょ☆

11月30日、東京。
あなたがあなたの世界を拡げていくファーストコンタクトための『心と装いの準備』の基礎作り。
私がナビゲートします!
詳細はこちら!大人の女性のパーティ

ァッションセミナー

下着・ファッション・着物であなたの魅力を可視化する
イメージコンサルタントのWoods いずみでした♡

Share with ♡
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email