男性目線と女性目線

下着・スタイリング・着物の魔法で
あなたの本来の美しさを目覚めさせる
イメージコンサルタント Woods いずみです。

 

今回は『男性目線』について。

私は、割と体の線が出る服を好むのですが、特に男性目線を意識して自分を装うことはありません。
というか「男ウケ」を考える自分を想像するとちょっと「引いてしまう」自分がいて拒否反応がでます(笑)

私の大好きなメイクのお稽古場『美塾』的に言うと、『艶』カテゴリのあるある!かな。
(自分の魅力カテゴリに興味ある方は
美塾 魅力マトリクスで検索
もしくは
美塾講師 佐佐木順子先生のブログ 魅力の活かし方 艶編
から見てみてね。)

 

私が、フィットしたり女性らしいどこか華奢なシルエットのものを選ぶ理由は
「自分がキレイに見えるから」という事に尽きます。
決してモデルのような体型ではないけど、どんなシルエットが私の体型を魅力的に見せるかと考えたら、ここに落ち着きます。
それに、ゆったりしたシルエットがびっくりするほど似合わないんです笑い泣き

 

その日一日、鏡やガラスに映る自分に「❤️」と思いたいから、
どこまでも「自分の表現として自分のために装う」という感覚をベースにして、
「場や同席する方々が心地よくあれる、楽しめる」
そんなスタイリングを意識してます。

 

さて、そんな男性目線をあまり意識しない私が「男性目線」についての理解を深めることになったある出来事を次のページでシェアしますね!

下着・スタイリング・着物の魔法で
あなたの本来の美しさを目覚めさせる
イメージコンサルタント Woods いずみでした!

 

Share with ♡
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email