出張 着物ワークショップ 〜環境を変えて気づくもの 〜

下着・ファッション・着物であなたの魅力を可視化する

イメージコンサルタント Woodsいずみです。

私ね、自分が飽きっぽい性格、だとは思わないんですけどね、

自営業なので、スケジュールは自分で組み立てられるとはいえ、
やっぱりどこかで自分のやりやすい、
言い方を変えると「慣れたやり方」になってしまうもの。

その時その時は楽しい。けど、どこかにふとマンネリも感じることがあります。

 

初めての遠方への出張は、
自分の仕事への気持ちや情熱をリフレッシュさせてくれるものでした!

 

今回の出張は、私の住むパースから飛行機で2時間半の真珠で有名な『ブルーム』での『着物ワークショップ』。
これまでも車で2時間ほどのエリアまでは出張することはありましたが、飛行機〜
(飛行機乗るだけでワクワクな旅好きな私)

ブルームは1900年代初頭に日本を含め、マレーシア・フィリピンなど様々なエリアから来た真珠潜水士たちがその産業を支えた歴史があり、今でも日本人潜水士の大きな功績が讃えられているエリアでもあります。


元パール潜水士の田中さん。元潜水士さんは現在4人しかブルームには残っておられないそう。


(チャイナタウンにはパール専門店が何軒も並ぶ通りもあります。)

今回は友人のススメで、ワークショップ開催エリアに近く景観も良いホテルにせっかくなので泊まることにしました。

この景色見ただけで、「ふわぁー!来て良かったぁー」となりましたよね♡♡♡

景色だけですっかり満足しちゃった私ですが、

本来の目的であるワークショップを忘れちゃいけません(笑)

参加者の皆さんは、日本人2割、 日本人以外8割の多国籍。
「着物の事をちゃんと教えてもらう」という事にとてもワクワクしておられるようでした。

日本人、または、日本人のハーフやクオーター方の多いエリアだから着物や浴衣は珍しくないものだろうなと想像していたので、少し驚きました。

 

ワークショップでは、

着物とは?という定義的なところから、
その歴史、現在の着物の姿、着物の種類など基本的なところから、
私の着物ストーリーなどもお話しさせて頂いて
皆さんからの質問もたくさんあってとっても盛り上がりました。

その後、みんなで浴衣の着付け。

ちなみに、着付けの中で、1番反応が大きいのってなんだと思います?

それはね、『帯』なんです。

私は、自分の着けている帯と浴衣を脱ぎながら、そのカラクリを見せるんですが、

浴衣の文庫結び(後ろのリボンの形)とウエストに巻かれているものが、まさか実は長ーい一本の平たい布だとは思わないんですね。

その文庫結びの可愛いリボンができた時、浴衣姿が完成した時の皆さんの表情は最高でした!
見てください!この笑顔!


ワークショップ後も、皆さんが最高の笑顔で
「とーっても楽しかった!」「またブルームに来てやって欲しい!」など
感想を伝えに来てくださり、私のほうが大きな喜びと元気を頂きました。

 

 

「着物が好き!素晴らしい魅力とパワーのある着物を多くの人に楽しんでほしい」という気持ちが高じて、外国の地で着物クラブを作ったのが5年前。
そこから様々な機会を通じていろんなことを学び、
お仕事として着物を扱わせて頂けることにもなった。

そして今、パースのみならず、喜びの循環を起こすことが出来るようになった。。。

これまで私を育てて来てくれた着物を通して得た時間の全てに、
心から感謝が溢れてきました。

 

好きの気持ちを大事にして、「着物好き」の旗を上げて良かったな。

そして、時にはマンネリ気分やしんどい気持ちになることだってあるけど、

やっぱりこの素晴らしい「着物」という文化とその楽しさを伝えたい!

 

その情熱に改めて気付かせていただけることになったこの「出張 ワークショップ」
しかも、きれいな海のおまけつきで最高でした♡


これからも、着物を通しての「喜びの循環を、もっと拡大していきたい!」

とも思うようにもなりました!

ってことで、
出張ワークショップやプレゼンテーションも、どんどんやっていきたいと思いますよ~♡

 

出張ワークショップやプレゼンテーション

『着物スタイリスト』が教えるグループレッスン、個人レッスンもやってます♡

ご希望があれば、
izumiwoods@gmail.com

まで、お問い合わせくださいね~!

 

下着・ファッション・着物であなたの魅力を可視化する
イメージコンサルタント Woods Izumi でした。

 

Share with ♡
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email