<上半身編> 褒め言葉がカギー欠点まで魅力に見えてくる、ポジティブスパイラルの始め方 ➀

下着・ファッション・着物で頭の魅力を可視化する
「思わず目で追う美人クリエーター」Izumi Woodsです。  

先日は、嫌いなところにフォーカスして上手く隠れる服を選ぶのではなく、
「自分の美しい部分が引き立つ装い」をしませんか?
という提案をしました。(投稿はこちらから)

綺麗なところが引き立つと、人の視線はそちらへ行きます。
そうすると、褒められる事が多くなり、ますます自分の魅力の部分が好きになります。

ポジティブサイクルの始まりです。

自分が欠点だと思ってた部分は、それほど気にならなくなるんです。

それどころか、スタイルがいい人と言われるようになる可能性もあるんです。

 

実は、私自身にそんな経験があったんです。そのお話、書いていきますね。

私、20代線半は、
上半身と下半身のバランスが悪いことがコンプレックスだったんです。
(今でもそのバランス自体はさほどかわっていません。)

バストが小さく、ウエストも細い。
それに対して、ヒップは普通、太ももも上半身のボリュームに比べたらむっちりです。

特に、バスト小さい事を気にしてました。
男性に、その事をからかわれたこともあります。

でも、バストの大きな女性との会話の中で、気づいたんですよ。
バストが小さいメリットに。

(ここから追記です)
バストの大きな女性は、こう言いました。
胸が大きいことなんて、いいことないよ~小さいのが羨ましい。

私にとっては「は?」って感じでした。
イヤミか?(笑)とも思いましたが、どうも本気でそう思っているらしい。。。

よくよく聞いてみると、

バストが大きいとぴったりした服を着るといやらしく見えて、男性の視線が気になって仕方ない.。
だからと言ってゆったりした服を着ると、ただのデブに見えちゃう。
バストが大きいと下がるから、小さいほうがいいよ。
痴漢にだって合うし、肩凝るし。
バスト大きいとブラも可愛いの全然ないし!

なんと。。。!!!
胸が大きい人には大きい人なりの苦労があるんだ~。
(追記以上)

そう考えてみたら、バストが小さいと、

ー下半身はどうあれ、第一印象でスリムなひとに見える。
ー胸の開いた服を着ても、いやらしくなりにくい。
ー 重みがないから、下がりにくい。笑

など、自分では思いもよらなかったいい事がいっぱいなのではないか?

それだけじゃなく、
ファッションが好きだった私にとって、
バストが小さいからこそ楽しめる服がある、という気づきによって、
ちっちゃなバストが急に長所にに思えてきました。(単純過ぎ 爆笑)

こうして、
私のバストへの大きなコンプレックスは、か~なり軽減されました!

次は、細くなりたいと思っていた太もものコンプレックス解消のエピソード書きますね~。

Happy Styling !

 

Share with ♡
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email