Fall in love again and again! -私の世界をもっと幸せで溢れさせる方法!

2020年も下着・ファッション・着物であなたの魅力を可視化する
イメージコンサルタントのIzumi Woods です。

実は、今回の日本からのゲストを招くにあたり、
思いがけない収穫がありました。

それは、何かというとね、

自分の世界がもっと美しい場所になる方法

だったんです。
ゲストのご一家を皆さんを「どこにお連れしようか~?」と
考えている段階から滞在中一緒に過ごさせて頂く中、
『パース近郊だけでも、いかに素敵なところがいっぱいあるか!』
を改めて深い体感として理解できました。

知ってるつもりだったところにも、改めて行って旅行者の視点で見てみたり、
それについて、話したり聞いたりすることで、
パースがもっと好きになったんですよ。

つまり、

良さを認識していたとしても、

①お気に入りの理由やどんな風に素敵なのかを話したり、
②それに自分自身も改めて触れたり

という機会を通して
さらに
自分の中の愛しさを深めていくことができる。

そうすることで、
自分の住む世界がますます最高に思えてくる。

これって
自分の世界にあるすべてにおいて、パートナーや仕事なども同じなのかも。。。
と思ったんですよねー。

だから、自分の世界のすべてにおいて
当たり前だと思わずに、

  • もっともっとその魅力を知ろうとしていく姿勢
    (美塾関係者だけが分かる表現すると、「魅力を探しに行く」ですね)
  • アウトプットを意識することが、
    自分の世界はますます幸せに溢れさせる秘訣だ!と気づいたんです。

実は私、結構な出不精・長距離の車移動は嫌い。
でも、
その気付きから、もっと西オーストラリアを知ってみたくなって、
南のグレートサザンエリアへ行く友人に便乗して行ってきちゃいました!

そして、アウトプットとして
ブログに書こうと思います!

パースから約3時間のNannup

こじんまりした小さな可愛い街。人工は500人ほどのその小さな町は、その昔は、線路の枕木の製造を産業として栄えた町だったよう。

築100年くらいの建物も多くありました。

 

 

小さなコミュニティの中に、
これまた小さいけど個性的なお店がいくつかあって。。。
何だかミニチュアな世界に迷い込んだみたいなワクワクした気分になる町。

どこにいっても似たようなショッピングセンターがあるパース近郊の町とは違う、
田舎町ならではのほんわかした空気に満ちてました。

タイニーティーショップ

60種以上の茶葉を扱うショップ。
オーナーのトリッシュは
日本の茶道と中国茶の作法を合わせたティーセレモニーを披露することもあるそうです。
発想が面白いですよね!

『Word of Mouth』
センスの良いアンティークショップがあり、時間を忘れて何時間も居られそうでした。

 

野生のウサギも見たの!
これまで飼いウサギは見たことあったけど、野生のウサギってものすごく足が早くてびっくり!

でね、もっとすごかったのは野生のエミュ!
なんと8匹が民家で時々つまみ食いしながら通り向かいを闊歩していた。笑
150センチの鳥って、怖いデス 笑笑

と思ってたら、
住民が家から出てきて、手をパンパンって叩いて追っ払ってた。
野良猫と扱いは同様!笑

湖で子供に還る
Nannupから車で数分のところには、小さな湖がいくつもあり、
子供達は一日中水に飛び込んで遊べます。
飛び込めるくらい深いけど、波もないので遊ばせてても安心!

46歳の私も童心に返り、
子供達に混ざって、生まれて初めて湖にジャンプしてみました!

水着持って行ってなかったので、ストラップレスブラとショートパンツで(笑)

そんな行き当たりばったりも楽しんじゃえ!楽しいが正義!そんな気分になっちゃう。

「心に着ていたものものがいつの間にか脱げちゃってる」

Nannup はそんな場所でした。

 

そして、
パースから4時間30分の最南端に位置する Denmark

Nannupより大きな町。

ワインの生産地としても有名なので、
当然、ワイナリーがたくさーん。

丘の上からのサンセットが信じられないくらい綺麗で

丘の反対側からは海が望めるほんとに気持ちがいい場所。

おススメされた「Mrs Jones」でブランチしてたら、


人気店。

おススメだけあって、お料理美味しかった♡

そしたらね、こんな鮮やかな青い鳥を発見!
スズメより小さくてめっちゃ可愛いの!

Kiss!!

興奮してたら、地元の人が教えてくれた。
これは、Splendid fairly wrenっていう鳥で、
オスは真っ青で、メスは尻尾だけが青い。


モテモテだね。

デンマーク市のアイコンにもなってるらしい。

町を散策してみたら。。

本当だ!

おススメされた オーシャンビーチ。
海岸は真っ白で広大!
地元の人が、淡水と海水が出会うところって言ってた。

こんなポーズも撮りたくなるくらい、とにかく広ーい!

そして、極め付けに気に入ったのが 『The Lake House』
名前の通り湖の畔にあるワイナリーのレストラン。

帰る前にちょっとだけ立ち寄っただけなのが勿体ないくらいの、気持ち良すぎの場所でした。

幸せそうな私♡

たーくさん写真撮ったけど、実際の美しさの1/10程度の良さしか表れてない(T-T)

でも、新たな魅力発見して、
西オーストラリア(WA)が大好きになりました♡

そして、今書きながら、またWAが大好きになった!

やっぱり、

  • もっともっとその魅力を知ろうとしていく姿勢と、
  • アウトプットすること

これをしていくことは私の世界をもっと幸せにしていく。
いろんなことに、
もっと意識的にこの秘訣、取り入れていこう!

もっと西オーストラリアの魅力を感じたいし、
ワンランク上の旅ができる場所として認知されて欲しいと思うので、
私自身がもっともっと開拓していきたいなと思います♡

写真の腕前あげなくちゃだわ☆

余談ですが、
《土地を愛する。だからその土地からも愛されエネルギーをもらえる》
そう私のメンター佐佐木順子さんが仰ってました。

その通りなんだろうな。

お読みくださりありがとうございました♡

Share with ♡
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email