【カナウ・ジュエリー】日本ツアーで出会った素敵なもの①

下着・ファッション・着物であなたの魅力を可視化するイメージコンサルタントの Izumi Woodsです。

旅行に行くとその時々に、
その旅の思い出の品に出会うものではありますが、
今回は書かずにはいられないものが2つありました。
しかも2つとも岡山で出会ったの!
岡山はクリエイターさんが多い街なのかもしれませんね。

一つずつご紹介します。

まずは『カナウジュエリー』

着物仲間で岡山のセミナーの主催をしてくださっている岸本浩加さんが
とっても素敵な帯留めをされていて、
それがカナウジュエリーのものだったんです。
前回の岡山では拝見できなかったのですが、
念願叶って、今回、
カナウジュエリーのデザイナーMAYUMIさんの作品の数々を見せていただきました。

テーブルにたーくさん並べて見せてくださって、もう、目移りしまくり。

まず感動したのはね、
天然石(パワーストーン)を包む繊細なワイヤーワークの美しさ。
とてもデリケートでフェミニンです。

ワイヤーワークはデザインというより「感覚」でやっていて、石に任せている、
とおっしゃっていました。

その中でも
何よりも私が感動したのはね、
このチェーンが通るループと本体を繋ぐ部分の角度。

よくある石のペンダントって、金具のところまで工夫されてるものってあまりないでしょ。
石がメインなので、そこを気にする人もあまりいないかもしれない。
でもね、ただチェーンに普通の金具でついてると、
デコルテの角度で、
ペンダント部分の石が正面でなく少しだけ上を向くものがあったりするのね。

それに対し
カナウジュエリーは爪の部分もワイヤーで作られているんだけど
この角度が絶妙で、
ちーゃんと石が真ん前を向くのです。こんな具合にね!

石にとっての、最高のプレゼンテーションを意識してくださっている。

もうね、このあたりの心配りが私の超絶萌えポイント。
職人の粋を感じる部分なのです。

石云々ではなくて、
こういう想いやこだわりがこもったアクセサリーをしているだけで、
私の気持ちも上がるし、
つけていると自分のエネルギーも上がる気がするのですよ。

でもね、やっぱり石が主役だから、
石のこともね。

実は、私はパワーストーンとかあまり興味ない人です。
私の中に
「何かの力を借りる」という概念が薄いのかも。
今回も、綺麗だから欲しい、それだけ。
でも、私のところに何かが来るときそれは必然だとも思っています。

MAYUMIさんも、石のパワーやメッセージは見ずにピンと来たものを選ぶのがおすすめ、と。
そして、カナウ・ジュエリーのお客様は皆さん、ちゃんと自分に必要なものを直感で選びます、とも。

今回、私がたくさんの中からファーストカナウジュエリーに選んだのは、
スモーキークオーツのこちら。


乗せる服によって、表情を変える美しいレディです。

石に添えられたメッセージは、これ。
スモーキークオーツの特技(持つパワー)はグラウンディングだそう。

何かの力を借りる、という概念の薄い私ではあるけれど、
身につける度に、
この石が投げかけるメッセージ

“私にとって大切なものは何?”
”私自身にしっかりと繋がってね“

って意識させられることって、
ものすごくパワフルだと思う!

次のステージに行く私のパートナーを見つけた!そんな気持ちです。

真由美さんは
岡山を拠点に、各地で個展や展示販売をされています。

本当におすすめなので、
気になる方は、是非チェックしてくださいね!
『カナウ・ジュエリー』

こんなラブリーなイヤリングなんかもありますよ〜。

長くなったので、二つ目のアイテムは次の記事で。

お読みいただきありがとうございました!

Share with ♡
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email