男性目線と女性目線 -②

下着・スタイリング・着物の魔法で
あなたの本来の美しさを目覚めさせる
イメージコンサルタント Woods いずみです。

 

装いにおいて男性目線をあまり意識しないと前ページでお話しした私ですが、
「男性目線」についての理解を深めることになったある出来事がありました。

先日、ある夜中のバーで、そこに居たお客様とスタッフとで盛り上がり、
『異性のどこに魅力を感じるか』の話題になりました。

私 「パンツをキレイにはけるお尻、ふくらはぎから足首のシルエット」
女性客 「血管」(!??!かなりの珍回答)
男性客 「程よい肉つきのスラリとした足」
男性スタッフ 「ピンスポットで腰のライン」
とかなりマニアックな意見もあり面白かったのですが、
ここから、男女の視点の理解をもっと深められる面白い展開に。

職場放棄をしたバーテンの代わりにカウンターバーの中に入り、パクパク自家製ディップをクラッカーに乗せて食べてた私に
「あ!いずみさん、そのまま。動かないで!」
と女性客の方がカメラを取り出して私の写真を撮り始めました。
そこに、男性スタッフが「あ!俺にも、男性目線の写真を撮らせて!」と2人で写真を撮り始めたのです。
その結果が、見事に「男性目線」「女性目線」を表してるなぁ!と。

その写真はこちら
↓↓↓↓

男性目線

 

女性目線

 

女性は全体な姿に美しさを見いだしていて、
男性はかなり局所的に魅力や美しさを見いだしている

 

これが、このビジュアルを通してよーく理解できました。

異性から魅力的だと思われることは、最重要ではないまでも嬉しいことだと思いますし、
こういう男性女性の魅力の捉え方、その違いを理解しておく事っていいことなんじゃないかなと思ったのです。

相手がどこに魅力を感じるか、はさておいても、
局所的な自分のチャームポイントを知っておく。もしくは、チャームポイントと決めて磨いておく。

そんな自分磨きのきっかけになるのなら、男性目線を意識するのも悪くないなと思ったのでした。

ただ今、イメージコンサルのメニュー
『あなたを進化させる バージョンアップコンサル』も準備中ですウインク

下着・スタイリング・着物の魔法で
あなたの本来の美しさを目覚めさせる
イメージコンサルタント Woods いずみでした!

 

下着・スタイリング・着物の魔法に
ご興味のある方はこちらからお問い合わせくださいね。

Share with ♡
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email