服選びで失敗しない、一番の秘訣

下着・ファッション・着物であなたの魅力を可視化する
イメージコンサルタントのIzumi Woodsです。

 

こんな記事見つけました。

”10kgやせ見え”の形が判明! ユニクロのTシャツ同じサイズ6種類を着比べてみた

<記事からの抜粋>

「リブクルーネックT」は大変!これは大変!

本当に同じサイズなのだろうか…。めっちゃ伸びるから着心地はいいんだけど、比べるとやばい。シルエットを拾いすぎて大変なことになっている。脇腹の肉が段になっているのがすぐわかる。これは絶対にサイズを上げたい。1サイズ、いや、2サイズでもいいかもしれない…。というか、これ比較すると、確実に10kgはスーピマがやせて見える…!

 

本当に同じサイズなのだろうか…。めっちゃ伸びるから着心地はいいんだけど、比べるとやばい。シルエットを拾いすぎて大変なことになっている。脇腹の肉が段になっているのがすぐわかる。これは絶対にサイズを上げたい。1サイズ、いや、2サイズでもいいかもしれない…。

というか、これ比較すると、確実に10kgはスーピマがやせて見える…!

 

Tシャツ6種類比較してわかったこと

やせ見えNo1は…「スーピマコットンクルーネックT」

こんなにベーシックな形でこの"やせ見えっぷり"は驚いた!価格も1000円と安いしこの夏は色違いで買い集めようと心に刻み込みました。

 

こんなにベーシックな形でこの”やせ見えっぷり”は驚いた!価格も1000円と安いしこの夏は色違いで買い集めようと心に刻み込みました。

ぽちゃ見えNo1は…「リブクルーネックT」

華奢な方は本当にスッキリ着れてきれいだと思う!けど、ぽっちゃりさんはちょっとサイズを1つか2つは上げた方が安全だと思われます。とにかく同じサイズ感だと思ったら、これは絶対にだめ!気をつけろ!

 

華奢な方は本当にスッキリ着れてきれいだと思う!けど、ぽっちゃりさんはちょっとサイズを1つか2つは上げた方が安全だと思われます。とにかく同じサイズ感だと思ったら、これは絶対にだめ!気をつけろ!


やせ見え度を表にするとこんな感じ

やせ見え度が低めのものはサイズ調整してみるのが良さそう!

 

やせ見え度が低めのものはサイズ調整してみるのが良さそう!

 

 

<抜粋ここまで。>

 

「そもそも、試着して服を買わない人ってどのくらいいるんだろう?」
という疑問はさておき。。。

 

この記事でもよーく分かるように、
同ブランドの同サイズでよく似たように見えても、

カット

素材

着丈

袖丈

などにより、着た時の印象は全然変わります。

ブランドによっても、サイズ感が違うことはきっとご存知ですよね。

 


ゆったりならきっと大丈夫(大き目買っておこう)

気になるところが隠れたら綺麗に見えるはず、

は大間違いの事も多いです。

かえって大きく見せてしまう事もありますよ~!

 

フィットする服も同じ事。

ぴったりしすぎだと、かえってむっちり太って見える事も。

 

いつも6号の私も、8号、10号と着てみることも。
着てみたら10号が1番シルエットが好きって事も、稀ですがあったりします。

 

サイズはあくまでもガイド。

だからこそ、

試着、マスト!

そして

試着したら、パーツで見ずに全身を見ること

です!!!

全身を客観的に見るためにの方法として、友人がコメントくれたのが『自撮り』という方法。私もこれ、迷ったらやりますね!(4月2日 追記)

 

下着も服も、身に着けるものはすべて、
少し手間でも、試着をする事が無駄なお買い物をしない事につながりますよね。

 

断捨離が流行っている今、尚更この大切さを理解する方も多いかもしれません。

 

 

 

ちなみに、
私がスタイリングさせて頂くとき、
2番目にやることは、

その方の体型の全体のバランスをみて、
‐ どこにボリュームが欲しいのか?
‐ どこのボリュームを押さえたいのか?
を分析します。

 

そこから、
色、素材、シルエット(カット)や デザインなどをみて、アイテムをお選びします。

 

 

例えば、素材の特徴を知っていると便利です。

 

簡単に書くと、

シルクやベロアようなトロリとした素材は、
縦のラインをつくり痩せ見えしやすく、
スッキリとした印象にしたい部分には有効です。

(若干貼ハリ感のあるシルクスカートですが、縦長のラインでスリミング。足長効果狙い☆)

 

逆にリネンの様に硬かったり、ツイードなどの厚みのある素材は、ハリがあるため比較的ボリューム感が出ます。

(上半身華奢な私。ハリのあるリネンのパフスリーブで肩を大きく見せてバランスとってます。)

こういう特徴を利用して、良いバランスを効果的に作ります。

 

 

シルエットとは関係ないですが、
ちょっと面白いところでは、

私がスタイリングをさせていただく時は、
その方のお肌の感じも見て素材のご提案もさせて頂きます。

 

〇艶のある肌質 – サテンやベルベットなど光を感じさせる素材

〇乾燥気味のマットな肌質 – コットンやリネンなど、光の反射の少ない素材

〇テクスチャのある肌質 – ツイードなど重厚感のあるもの

 

など、しっくりきやすい素材が違ったりもします。

 

もちろん、肌に混合肌があるように、一概には言えませんので、
当然ながら、その方のお肌を見て、テイラーメイドのご提案になります。

 

 

こんなことも、
試着の時の参考にしてみてくださいね!

 

次は、

私がスタイリングさせて頂く時、

1番最初にやる事、

1番大切にしているところは何か、

という事を次の投稿では書きますね!

 

 

ファッションスタイリング やってます → なりたい自分を装いで先取る!一つのアイテムからでもあなたの未来は引き寄せられる。『未来引き寄せスタイリング』

 

 

イメージコンサルタント Izumi Woods でした!

 

 

 

Share with ♡
Facebook
Twitter
RSS
Follow by Email